1,八幡町 ー・二丁目,k_01,k_01_img.jpg,旧一丁目の山車は、大正七年建造。工匠萩原佐文治、彫工佐藤光重。山車人形は三代目原舟月作「神武天皇」。「蝦蟇仙人」「鉄拐仙人」「玉取り龍」「素戔嗚尊の八岐大蛇退治」などの彫刻は、見ごたえがある。 2,八木町,k_02,k_02_img.jpg,彫工佐藤光重作の大鷲の彫刻がシンボルの二層鉾台形式、建造は大正三年工匠萩原佐文治といわれています。後部楽屋の花頭窓に軒唐破風が付設されているのがこの山車を特徴づけています。 3,日吉町,k_03,k_03_img.jpg,日吉町二丁目は日吉八王子神社の氏子町会で、大正六年、八王子の山車としては最初の四つ棟造り堂宮形式として建造、工匠小澤美之吉、彫工佐藤光重による正面唐破風の鬼板の彫刻「雌雄の孔雀」が印象的です。 4,小門町,k_04,k_04_img.jpg,小門町は産千代稲荷神社の氏子町で、平成十六年より八王子まつりに参加。山車は昭和五十四年に建造・西志村喜吉氏所有の山車を譲り受けたものです。構造は二層鉾台形式、内輪四つ車です。 5,千人町一丁目,k_05,k_05_img.jpg,地元青木晃氏により平成十七年に建造、千人町一丁目有志の協力により飾付等作成されています。 四つ車・二層鉾台形式の手づくり山車です。 6,追分町,k_06,k_06_img.jpg,山車は大正三年に建造したといわれる二層鉾台形式、彫工は小松光重、新見常次郎らがあたったと伝えられています。 7,八幡上町,k_07,k_07_img.jpg,山車は明治期に建造され、大正四年には佐藤光重らにより大改修されました。 江戸期から明治期にかけて鞍馬天狗と牛若丸の人形をのせていたといわれ、昔から「鞍馬の山車」とよばれています。 8,平岡町,k_08,k_08_img.jpg,平岡町は平成二十年西志村訓一氏他有志数人の方々により二層鉾台形式の山車を建造。一部の彫刻や塗物、飾付等は平岡町々会有志の協力により同年六月に完成しました。 9,元本郷町,k_09,k_09_img.jpg,元本郷町は多賀神社の鎮座する『宮町』です。山車は、昭和五十三年にそれまで使われていた曵き太鼓の台を使用して、堂宮形式の山車に作り直したものです。車輪は八木町清水考勇氏製作の鉄製源氏車です。 10,大横町,k_10,k_10_img.jpg,大横町は「八幡八雲神社、多賀神社」両神社の氏子に属しており、毎年交代で参加しています。 山車は明治四十四年建造の二層鉾台形式、工匠小町小三郎、彫工は小松光重。 11,中町,s_01,s_01_img.jpg,大正八年工匠小澤美之吉、彫刻佐藤光重、車大工棒定に依頼し建造された二層鉾台形式。小規模ながら均整のとれた美しい山車です。山車人形は光重作白亜の「諫皷鳥」です。 12,本町,s_02,s_02_img.jpg,昭和六年頃建造と伝えられている三層鉾台形式の山車は、工匠小澤美之吉、彫工は池田信之、山車人形は平成十四年制作「浦島太郎」です。 13,上八日町,s_03,s_03_img.jpg,山車は昭和六十年に再建され、建造には新潟県村上市の伽藍師細野実、平山鋼平らがあたっています。 山車人形は明治十六年三代目原舟月作「素盞嗚尊」です。 14,南新町,s_04,s_04_img.jpg,現在は中野上町、杉田一夫氏と有志の手づくりによる二層鉾台形式の山車を平成六年より借用し、八王子まつりに参加しています。 車輪は清水考勇氏製作の鉄製源氏車です。 15,横山町三丁目,s_05,s_05_img.jpg,山車は、平成六年に再建された三層鉾台形式、建造は新潟県村上市の伽藍師細野実、細野幹雄ほか、山車人形は三代目原舟月作「織田信長羅陵王」です。 16,八日町 ー・二丁目,s_06,s_06_img.jpg,戦災で山車を焼失して以来、五十九年ぶりになる平成十六年に再建。二層鉾台形式、建造には新潟県村上市の伽藍師細野実、平山鋼平らがあたりました。山車人形は「雄略天皇」です。 17,三崎町,s_07,s_07_img.jpg,明治四十年頃、二層鉾台形式で創建されたと伝えられ、その後昭和八年頃に紫村喜助により堂宮形式に改造されました。相対的に四つ棟屋型の線が強調された端正な山車です。 18,元横山町,s_08,s_08_img.jpg,山車建造は大正十一年入母屋八つ棟造りの堂宮形式、工匠小澤美之吉、彫工佐藤光重による豪華絢爛な彫刻で埋め尽くされています。光重快心の作品として注目されています。 19,南町,s_09,s_09_img.jpg,一本柱の人形山車として明治三十九年建造、工匠小町小三郎、彫工小松光重。 戦災で焼失した山車人形を平成十八年復元、平成二十六年には建造当時の一本柱人形山車に復元、施工吉匠建築工藝、波高欄彫刻井上彫刻工房。
T_01,本郷横町トイレ,35.660548,139.324205 T_02,八幡町トイレ,35.660548,139.327627 T_03,本陣そばトイレ,35.660283,139.330682 T_04,八日町トイレ,35.660089,139.333767 T_05,いちょうホールトイレ,35.662188,139.332673 T_06,八雲神社そばトイレ,35.661118,139.335905 T_07,横山町野猿街道そばトイレ,35.659535,139.33585 T_08,横山町旧ダイエーそばトイレ,35.659583,139.338618 T_09,JR八王子駅交番奥トイレ,35.656349,139.338624

使い方

【はじめに、端末のGPS機能をオンにしてください。】
マップ上に表示されている家紋アイコンをタップすると山車の詳細画面が表れます。また、山車一覧からも各山車をご確認いただけます。
実際の交通ルールを守り、周囲の状況に注意してご利用ください。
※ビルの陰など、電波環境やGPS衛星環境によっては、位置確認の精度が低くなり実際の山車の位置と異なる場合があります。


利用上の注意

1.本サービスは無償で利用できますがサービスを利用するための通信費等の費用は、利用者の負担となります。
2.本サービスを利用するには、端末のGPS機能を有効にしてください。地下街、建物内、ビルの陰などの電波環境やGPS衛星環境によっては、位置確認の精度が低くなる場合があります。
3.本サービスで利用された個人の位置情報等は保存・再利用しません。
4.各端末のOSのバージョンによっては正常に動作しない可能性があります。
5.本サービスは、予告なしに内容を変更、削除したり、メンテナンス等のため、運用の停止、休止または中止をする場合があります。
6.八王子まつり実行委員会(共同運営会社も含む)では理由の如何に関わらず、このサービスを利用されたことによって生じたいかなる直接的な損害、間接的な損害などについて一切の責任を負いません。



開発:バディワークス有限会社
©CCBYSA 2010 OpenStreetMap
ご盛況のうちに、サービスは終了しました。
沢山のアクセスありがとうございました。